スポンサーリンク

仕事で失敗をした時にすると良いこと4選

ビジネスマインド
スポンサーリンク

こんにちは!umebosiです!

今回は
仕事で失敗をした時にすると良いこと4選
について実体験をもとに解説していきたいと思います。

 

ミスは誰にでも起こり得ること

まず初めに。
ミスをしない人はほぼ存在しません
新人のうちは特に【ミスをしないように】という気持ちで
働く人が多いと思いますし
何より緊張感があるので何をするにも
丁寧になると思います。
段々と環境や業務自体に慣れてきてくると
どんな人でも注意力が欠如してミスになったり
さらに忙しいときは急ぎすぎることで
知らず知らずにミスに繋がることもあります。

このように誰でも大なり小なり失敗をする時はありますし、
機械でない限りする可能性は大いにありますよね。
それは新人もベテランも同じです。
まずその可能性が誰にでもあるということを
理解しておくことが大切です。

 

 

なぜミスに繋がったのか原因を探る

まずミスが発覚した時は、【なぜミスに繋がったのか】を考えます。
作業工程のどの段階に原因があってミスに繋がったのか、
原因は様々あるはずです。
例えば、
・いつも行っている工程を1つ省いた、
・いつもと違うやり方をした、
・他の人に頼んだが上手く伝わっていなかった、
・急いでいたので確認作業がおろそかになっていた、など
書ききれませんがミスの原因になりうるものはたくさんありますよね。
それにミスはいくつかの原因が重なって起こるときもあるので
似たようなミスでも原因は違うこともあります。

このように工程を振り返り、
どの段階で、【なぜミスに繋がったのか】を
きちんと把握しましょう。

 

 

次に同じことを繰り返さないためにどうすべきか対処方を考える

原因を突き止めた後は、
どのように行動すれば今後同じことを繰り返さないか
対処法(改善策)を考えます。
原因:いつも行っている工程を1つ省いた

対処法:省くとミスになるので省かない,
他に省いても問題がなさそうな工程がないか調べる
原因:他の人に頼んだが上手く伝わっていなかった

対処方:頼み方を改善する
(口頭のみだったものを口頭とメモの2種類で伝えるようにする)
例を挙げて説明するとこんな感じです。
ミスをした時と同じやり方をすると
当然ですが間違いをただすことは不可能ですよね?
大切なのはミスをした後。
学習せずに同じことを繰り返していてはいけません。

ミスした後に行うと良いこと4つ

4つのポイント
1.深呼吸
2.コーヒーなどで一息つく
3.一連の流れを他人に話す、もしくは紙に書き出す
4.他の人が実践しているやり方を教えてもらう

1.深呼吸
特に大きなミスが発覚した後は
誰でも少し動揺してしまうと思います。
ありきたりな鉄板行動ですが
大きく深呼吸して気持ちを落ち着けましょう。
深呼吸というと少し胡散臭いですが(笑)
これは本当に効果がありますので
試してみてください!
スポーツの試合前などにももちろん有効ですよ!

 

2.コーヒーなどで一息つく
ミスが発覚した後バタバタと業務を続けると
他のミスを誘発する可能性があります。
なので意識的にコーヒーを飲むなどして
リラックスする時間をはさむことをオススメします。
一度その場から離れたり、頭をリフレッシュさせることで
作業の質もアップさせることができます。

 

3.一連の流れを他人に話す、もしくは紙に書き出す
ミスの内容にもよりますが、報告の必要がある場合以外にも
周りの人にミスに繋がった流れを話すことで
より冷静にその時の状況を把握出来ます。
紙に書き出しても良いと思います。

 

4.他の人が実践しているやり方を教えてもらう
自分が今まで実践してきた方法でミスになった場合
他の人はどのようにして行っているか
聞いてみることも良いと思います。
まるっきり同じやり方をせず、
部分的に取り入れるだけでも良いですよね。
新しい考え方を学び、視野を広げるチャンスです!

 

出典元:https://unsplash.com/

 

まとめ

大なり小なりミスはどんな人でも必ずします。
全ての工程を無人ロボット、昨今でいうAIで行っているならまだしも
人間が絡むのであればどれだけ気を付けても
ミスをしないのは不可能です。
勘違いしている人が多いですが大切なのはミスをした後です。
もちろんミスは少ない方が良いです。
ただ、ミスをしたから自分はだめだと落ち込む必要はありません。
むしろそこから改善策を生み出し、ミスに繋がる可能性を減らしたり
より効率が良くなる方法はないかなどプラスに変えていけるかなどを
いかに考えられるかだと思います。
バスケットに限らずスポーツでも全般そうですが
ミスをしたらいかに取り返すかを考えることが1番大切です。
ダメージを最小限に収める努力と
迅速な対応で信頼を損なわないように動きましょう

私ももちろんミスをしたことがありますが
絶対に同じことを繰り返さないように、
どうすればこのミスを自分の学びとして
活かせるか日々考えています。
すでに自分に合ったやり方を見つけて
実践している方も居られるとは思いますが
もしよければこの記事に書いてあることを
実践してみてくださいね(^^♪

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ビジネスマインド
umebosiをフォローする
お役立ちニュース速報

コメント

タイトルとURLをコピーしました