スポンサーリンク

バスケにおいて好きと得意は別!? 唯一無二の存在になるために必要なこと

basketball
スポンサーリンク

こんにちは!umebosiです!

今回は
【バスケにおいて好きと得意は別!? 唯一無二の存在になるために必要なこと】
と題してお話していきたいと思います!

 

好きなことと得意なことが別物とは

これは前回の記事でも少しお話したんですが
みなさん見てもらったでしょうか?
まだの方はこちらからどうぞ!!
よくみなさん勘違いしている方が多いのですが
好きなことと得意なことはイコールではありません。
なぜだかわかりますか?

例えば

①umebosiはシュートを打つのが好き。だけどシュート率は悪い。
②umebosiはDEFが嫌い。だけどDEFが上手いのでいつも相手のエースを守らされる。

分かります?

①はシュートを打つのが好きだから
試合中も隙あらばシュートを狙うけど(すごく良い事なんですけどね(笑))
シュート率が悪いのでチームからは点を取ることは求められてないんです。

②はDEFは地味で楽しくないからめっちゃ嫌いなんです。(笑)
でもDEFが上手いからいつも相手チームのエースを守らされます。

この二つはあえて好きと嫌いの逆の例で出しましたが
どちらも本質は同じです。
自分は好きなもの(プレー)が別にあるけど
自分が他の人より評価される点は
自分が思っているところとは別のところにあることがあります。
①は特に少し残念な感じがしますが、客観的に見たときに
自分が他の人より秀でているところが別のところにあると知れるのは
とてもプラスなことですし
自分が気づいていなかった自分の強みに
気づけるかもしれません。

 

自分の得意なことを知る

得意な部分は実は、自分では気づかないところにあったり
全くやったことがない分野であるかもしれません。
もしくは自分が苦手としていることの可能性だってあります。
普段特に何も考えずにバスケットをしていると
どうしても好きなこと・得意なことの練習にばかり身が入りがちです。
でもそれはそうですよね。
好きな分野のことの方が楽しいですし、
より上手くなった実感がわきやすいからです。
得意なことを見つける方法としては
チームメイトや監督から何を求められているかをきちんと理解することです。
私は現役時代、スタートメンバーではありませんでしたが
ムードメーカーだったこともあり、試合に出るときは
とにかくがむしゃらに走りまわり
DEFから速攻を徹底的に意識していましたし、監督からもそれを求められていました。
この、自分の役割を理解することで得意を把握することが出来ますし、
何もなかったものを得意に変えることもできます。
経験しなかったことが得意になっていくのは
「自分こんなことも出来るんだ~」と自分でも驚くと思います(笑)
あなたの得意なこと(求められていること)は何ですか?
練習や試合、どんな場面でも構いません。
頭をフル回転して思い出していきましょう!

 

得意なことを伸ばす方が良い理由

みなさんは苦手なことと得意なことどちらが楽しいですか?
楽しいで言えば断然得意なことの方が楽しいですよね?
人間絶対そうなります。

ここで一人選手を紹介しますが、
富永啓生さんをご存じですか?
知っている人は多いんじゃないでしょうか。

富永啓生選手プロフィール

愛知県の名門、桜ケ丘高校在籍時にウインターカップ3位入賞
6試合平均239得点(1試合平均39.8得点)をあげて得点王に輝く

現在はアメリカの大学に通って活躍しています。
この選手のプレー見たことありますか?
もう本当に漫画みたいにシュートがスポスポ入ります。(笑)
3Pラインの何メートルも後ろからだったり
コーナーぎりぎりまで追い詰められていても
体制を崩しながらシュートを決めてきます。
でも正直、最初富永選手のプレーを見たときは
「流れもくそもなくめちゃくちゃシュート打つな」と思いました。
それはなぜかというと、チームがとにかく富永選手に
ボールを集めるんです。
富永選手がボールに触り、シュートが打てるような動きを
他の4人が徹底するんですよ。
こんなプレースタイルのチーム初めて見たと感じるくらい
不思議で不思議で。(笑)
ただ、圧倒的な得点力を見たときに納得せざるを得ませんでした。
シュートだけでなくドライブも出来て身体能力も抜群に高い。
そりゃこーなるか。て感じでした。(笑)
でもそこまで富永選手を中心としたプレースタイルになるには
監督やチームメイトの信頼が必要です。
これこそ得意なことを伸ばす方が良い理由のお手本だなと思いました。
ただ好きなだけではなく、得意になるまで練習して自分のものにする。
自分のものにするには、並大抵の努力ではできませんが。
ここまで出来たからこその彼独自のプレースタイルやチームスタイルの
確立が出来たと思います。
信じがたいですが、富永選手は高校に入るまで
特に目立たない選手で入学してからメキメキと上達したみたいです。
信じられませんよね(笑)
みなさんも自分の得意なことを突き詰めて、唯一無二の選手になりましょう!!

 

 

出典元:https://unsplash.com/

まとめ

バスケにおいて好きと得意は別!? 唯一無二の存在になるために必要なこと

目次
・好きなことと得意なことが別物とは
・自分の得意なことを知る
・得意なことを伸ばす方が良い理由

についてお話しました!
無難に何でもできる選手も必要ですが
なにか一つ秀でているものがある
希少価値の高い選手を目指しましょう(^^♪
富永啓生選手の様に得意なことを突き詰めて
活躍するためには
しっかりと得意なことを見極めて
理解するところから始めましょう!!

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
basketball
umebosiをフォローする
お役立ちニュース速報

コメント

タイトルとURLをコピーしました