スポンサーリンク

全国3位のUmeboshiが解説!バスケで必要なマインドセット4:6の法則とは!

basketball
スポンサーリンク

こんにちは!umebosiです!

前回の記事で
好きなことと得意なことは別物 得意なことを伸ばす方が良い理由
という内容をお話しました。

自分が得意なこと、求められていること、理解することが出来ましたか?
まだの方は是非こちらから先にご覧ください!
新しい自分の武器を発見できるかもしれません!

前回は得意なことについての内容でしたが
今回は苦手なことへの対策や克服するにあたっての
取り組みのバランスについて
私の経験談を交えて一緒に考えていけたらと思います。

 

嫌いな理由・苦手な理由を分析する

好きなものよりも、嫌いや苦手なものの方が
意外と理由があったりしますよね!
例えば私は
しいたけが死ぬほど嫌いです(笑)
甘くてぬるっとした感じがきもち悪くて。
あとは夏休みや冬休みの宿題が嫌いです。
めんどくさすぎて。
もちろんちゃんと提出はしていましたよ?(笑)
こんな感じでバスケット以外にも嫌いや苦手なものがあって
割と理由もはっきりしていることが多いと思います。

本題に戻りますが、私のバスケットにおいての苦手は
【接触・あたり】でした。
バスケットをしている上で絶対に避けては通れない問題なんですが
本当に苦手でした。(笑)
だって痛いじゃないですか?(笑)
もともと体の線も細かったのであたりに弱く余計に接触が苦手でした。
こんな感じでバスケットにおいての苦手や嫌いの
理由を把握し理解することから始めましょう。

 

 

原因を把握する

苦手や嫌いなことの理由もわかったら
次は原因を探ってみましょう。
しいたけはまず味が無理なんで、原因もくそもないのですが(笑)
夏休みの宿題はめんどくさいですし、何より
宿題をやるより遊びにいきたいですよね?(笑)
せっかく学校が休みなのに家で勉強しないといけないのが
とても苦痛でした。。。
そうだった方も多いんじゃないでしょうか?(笑)
そして接触に関しては、体の線が細かったのもありますが
ぶつかって当たり負けしなかったことがないんですよね。
何かにつけてこけていました。
どうにか接触せずにすむ方法ばかり考えていました(笑)
そしてどんどん接触が嫌いになっていきます。。。

 

 

改善策を考える

理由や原因がわかると、改善策もスムーズに出てくると思います。
どうすればしいたけを少しでも食べられるかと考えたときに
あり得ないくらい細かく刻むであったり、自分の好きな味つけにしてみたり。
夏休みたくさん遊びたいのであれば、最初のほうにまとめて
宿題を終わらせれば良いです。
結構簡単ですよね!

バスケットにおいてもシンプルで
接触に強くなるために私が主に行ったのは

  • 食べる量を増やして、筋力トレーニング
  • 上手く体を使えるように姿勢や体の使い方の修正

などでした。
このようにきちんと把握すれば苦手なことでも
修正できたり、自分のものになることもあります。
筋力トレーニングなどは、当たり前と思っている方も多いですが
実際当たり前のことをきちんと当たり前にできている人はとても少ないです。
みなさんはどうですか?

 

取り組むバランスを注意する

バスケットでもOFもDEFもすべて
オールラウンドにできるに越したことはありませんし
そうなれるように練習していくのも正しいとは思います。
というかそうなるように練習していたりさせられていると思います。

でも限られた時間の中で、苦手なことを得意なことと
同じくらいのレベルまで引き上げようと思うと
相当時間がかかりますし、労力もかかります。
むしろほぼ苦手なことの練習しかできないこともあるかと思います。
これはチーム練習でも個人練習でも同じだと思いますが
苦手なことの克服ばかりに目を向けていると
他の事がないがしろになり、さらに苦手なことをしているので
メンタル的にもきつくなってくると思います。
中にはなにくそ精神で頑張れちゃう人もいるとは思いますが(笑)
こうなってくると本末転倒なので
umebosi的には、練習する割合としては
得意なこと4:苦手なこと6くらいの割合で練習するのが
良いんじゃないかと思います!!
好きなこと・得意なことはほっといてもできますし
楽しいので割く時間が短くても上達は早いはずなので。(笑)

 

出典元:https://unsplash.com/

 

まとめ

今回は

目次
嫌いな理由・苦手な理由を分析する
原因を把握する
改善策を考える
取り組むバランスを考える
まとめ
という形でお話させてもらいました。
好きなことと違って、割ときちんと嫌いや苦手な理由があるものを
把握することでそれをどのように改善するか考えます。

ただ、苦手なことを好きなこと・得意なことの水準に合わせようとすると
あまりにも時間がかかってしまったり、
モチベーションが下がってしまうことが多いと思います。
なのでumebosi的オススメの割合は
得意なこと4:苦手なこと6です!

前回の記事で紹介した富永啓生選手の様に
苦手も克服した上で得意を突き詰められるくらい練習したいですね。
なのでしっかり自己分析をした上で
4:6の割合くらいになるように
ほどほどに頑張っていきましょう(笑)
ただあくまでも伸ばすのは得意なことというのは
意識してください!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
basketball
umebosiをフォローする
お役立ちニュース速報

コメント

タイトルとURLをコピーしました