スポンサーリンク

深田恭子やJO1金城碧海の他に適応障害の芸能人は?症状や原因、治療方法は

未分類
スポンサーリンク

女優の深田恭子さんが適応障害を発表し
活動休止することを発表されました。

ここ最近珍しい病気ではないですよね。

よく聞くけど実際どんな症状で
どんな病気なの?と言う方のために
症状や原因などを調べてみました。

合わせて適応障害を公表した芸能人も
気になったのでまとめています。

この記事では

・過去に適応障害を公表した芸能人は誰?
・適応障害とは(症状・原因・治療方法)

についてまとめていますのでぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

過去に適応障害を公表した芸能人は誰?

 

この投稿をInstagramで見る

 

深田恭子(@kyokofukada_official)がシェアした投稿


引用元:mdpr.jp

記憶に新しい芸能人の方だと女優の深田恭子さんや
男性アイドルグループJO1の金城碧海さん
が適応障害で活動休止されています。

ここ数年著名人の方が病気を発表して活動休止するケースがよくみられますよね。

深田恭子さんやJO1の金城碧海さんの他にどんな芸能人の方が適応障害を公表しているのか気になったので調べてみました。

過去に適応障害を公表されたのは

千原ジュニアさん・千原せいじさん・ロンドンブーツ1号2号田村亮さん、
元SUPER☆GiRLS石橋蛍さん・元BOYS AND MEN田中俊介さん

らがおられます。

こうして見てみると、職業や年齢関係なく誰でもなる可能性があるということが分かりますよね。

スポンサーリンク

適応障害とは(症状・原因・治療方法)


引用元:unsplash.com

適応障害は、ある特定の状況や出来事(転勤、配転、新しい人間関係など)が、その人にとっての主観的な苦悩(とてもつらく耐えがたく感じ)を生み、そのために気分や行動面に症状が現れるものです。たとえば憂うつな気分や不安感が強くなるため、涙もろくなったり、過剰に心配したり、神経が過敏になったりします。
引用元:ikezawa-clinic.net

ですので、環境の変化やある出来事によって誰でもなる可能性があるということですね。

適応障害の症状

適応障害の症状ですが

抑うつ気分、不安、怒り、焦りや緊張などの情動面の症状や、行動面では、行きすぎた飲酒や暴食、無断欠席、無謀な運転やけんかなどの攻撃的な行動がみられることもあります。不安が強く緊張が高まると、体の症状としてどきどきしたり、汗をかいたり、めまいなどの症状がみられることもあります。
引用元:ikezawa-clinic.net

というものがあげられるそうです。

普段の生活が送れないほど抑うつ気分や不安や心配が強く、それらが明らかに正常の範囲を逸脱しているそうです。

例えば心配や不安が行きすぎていたり、攻撃的な行動もとあるので少し性格が変わるなんてこともストレスサインかもしれないですね。

スポンサーリンク

適応障害の原因


引用元:unsplash.com

個人レベルの事象からもっと大きな災害など、さまざまなものがストレスの原因になる。

芸能人の方であれば、常に表の世界に晒されているストレスやプレッシャーなどはっきりとそうなりそうな原因がありますよね。

一般人の人でも転職や引越しなど、生活していれば誰もが経験するであろう出来事でもストレスを強く感じてしまうと発症する可能性があるんだそうです。

個人個人によって何にストレスを感じるのか、どれくらいストレスを感じるのかが違うのでケースは本当に様々で多岐にわたるそうです。

適応障害の治療方法

適応障害というのは基本的には原因がわかっていることがほとんどです。

例えば会社にストレスを感じている場合は、会社を休むなどしてストレスに触れない行動をとっていると適応障害の症状は次第に改善するそうです。

ですので芸能人の皆さんもしばらくの間活動を休止して、芸能の生活から離れ休養されるんですね。

もちろん病院に通って、お医者さんからの適切なカウンセリングなどもあるでしょうが、「生活からストレスを取り除く」というシンプルな治療法になるようです。

確かに嫌なことがあったときに自然に触れたり、ストレスを感じなくて済む環境に行くというのは日頃の生活でもリフレッシュになりますもんね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

今回は、過去に適応障害を発表した芸能人や、そもそも適応障害とは?
という部分についてまとめてみました。

芸能人と一般人ではストレス感じる部分は少し違うかもしれませんが、我慢してストレスを感じ続けるのは良くないですね。

コロナ禍ということもあり様々なことがストレスになりやすい昨今ですが
「辛いな」と感じることがある場合は早めにクリニックにかかるなど行動したほうが良いかもしれませんね。

しっかりとご自愛して自分を労りながら生活していきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
未分類
umebosiをフォローする
お役立ちニュース速報

コメント

タイトルとURLをコピーしました