スポンサーリンク

先だしで勝負するコツを教えます!フェイクはタイミングが肝心!?

basketball
スポンサーリンク

こんにちは!umebosiです!

前回は
身長が低くても大丈夫!面白いように引っかかるポンプフェイクの極意2選!と題して
ポンプフェイクに特化して
技術的な部分をお話しました。
是非こちらもご覧ください!
今回はそのフェイクが効果的に使えるとどのように有利になるか、
いろんなシチュエーションを交えながら
解説していきたいと思います!!!

 

フェイクはタイミングが肝心

前回のポンプフェイクを始めたきっかけは
身長や体格差を埋めるために始めたとお話したと思います。
ですがフェイクは短所を補うためだけの技ではありません。
別の視点から考えるとさらに有効に使うことができます!!
OF,DEF問わず相手の次の行動を制限させたり誘導することで
自分の思い通りにコントロールできる確率が高まります。
ここでフェイクというものはとても便利です。
ただ、何が大切かというとタイミングです!!!
この説明だけだとなかなかイメージが難しいと思うので
さっそく具体的なシチュエーションをイメージしながら見ていきましょう。

 

OF ドライブ編

OFの時、パスを受けてからシュートを打ちたいけど
相手がシュートを打たせないように
間合いを詰めて守ってきているとします。
そこでドライブに行こうとしますが
いきなりまっすぐ抜こうとしても
当然DEFはついてきますよね?(笑)
なのでドライブの前に行きたい方向とは別にフェイクを入れます。
そしてだいたいは逆方向にドライブに行きます。

ここまでの流れは当たり前なので想像つきますよね。
でもこれだとあまり効果がありません。
何故かというとフェイクを入れるタイミングが平凡すぎるからです。
ではどのように修正すると良いでしょうか??
ポイントはシュートを打てないからドライブに行くという選択の順番です。
最初にシュートしか選択肢がないと、次のドライブは後出しなので
ほとんどの確率で失敗します。
パスを受けるときに大体DEFとの間合いは読めますし、
シュートを打てるか打てないかは十分わかると思います。
なのでパスを受けるタイミングでドライブに行く選択肢を持つことが大切です。
そうするとパスを受けるもらい足のステップを
そのままフェイクに使うことができ、一連の流れの中で
フェイクを取り入れることが出来ます。
実はフェイクは流れの中で取り入れるほうが効果的です。
これがタイミングです(^^♪

 

OF パスフェイク編

これもドライブ編でお話した通り
ボールを保持しているタイミングで急にパスフェイクをしても
相手は当然かからないので
当然流れの中で取り入れることが効果的です。

例えば

・ドライブ→ヘルプに出てきたDEFを右にパスフェイクで動かす→左にパス
・逆サイド45度からトップにパス展開→45度にパスフェイク→バックドア

 ※バックドア・・・自分のDEFの裏に走り込みリングに最短で向かうプレー
                       上手くいけばそのままレイアップに行ける

このプレーは2つとも流れの中でフェイクを取り入れることが出来ていますよね。
なのでとても効果的です。

ただ、パスフェイクに関して1番有効なのは
相手のDEFがゾーンDEFの時です。
何故かというとゾーンDEFというのはその名の通り
それぞれゾーンを決めて守ります。
基本的にボールに対して体を開きオープンスタンスで
ボールの流れに合わせて動きますし
マンツーマンの時の様に腰を落としてしっかりと守るというよりは、
軽くジャンプしたりリズムを作って体を動かすことによって
DEFのリズムを作るので基本的にフェイクは
とても有効になります。

 

出典元:https://unsplash.com/

 

まとめ

フェイクの効果的な使い方について
2つ例をあげて説明しましたが
流れの中でそのひとつ前のプレーから取り入れるのが肝心です!
これが意識して出来てくると
パスを受ける前に頭の中で
「パスを受けたらドライブに行きたいからここでシュートフェイクをいれよう」
などどんどん先出しで勝負を仕掛けられるようになります。
こうなってくると駆け引きがめちゃくちゃ面白くなりますし
余裕をもってDEFを遊ぶこともできてしまいます(笑)
自分が思った通りにDEFを動かして最高のプレーが出来たときは
とても気持ちがいいですよね!
私はこの考え方を取り入れるようになってから
それ以前より楽にプレーをすることが出来るようになりました。
シュートまで行く行かない関係なく
きちんと勝負所を見極めてタイミングよく
動くことが出来るようになったからです。

そうすると全体が見え始めてきている証拠なので
無駄のない動きが無意識に出来るようになり
最短で得点に絡むことが出来ます。
無駄のない動きをして最短でシュートまでいけることは
理想なので日々の練習の中から
1つ先のプレーを考えながらやっていきましょう!!!
難しいことは何もなくて
次の展開を考えてフェイクを取り入れるタイミングを
工夫すれば大丈夫です(^^♪
全体をみて次に自分がどういうことをしたいか
仲間にどういうことをさせたいか
一瞬一瞬想像して動くことを意識しながら
やっていきましょう!!

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
basketball
umebosiをフォローする
お役立ちニュース速報

コメント

タイトルとURLをコピーしました