スポンサーリンク

カエンタケはなぜ危険?症状や死亡する致死量、見た目や生えてる場所は?

未分類
スポンサーリンク

ツイッターのトレンドで「カエンタケ」とあり
何だこれ?と気になって調べてみると
どんでもない猛毒キノコだということがわかりました。

している方も多いとは思いますが
危険性や実際に生えている場所など気になったので
まとめてみました。

この記事では

・カエンタケはなぜ危険?症状や死亡する致死量
・カエンタケ関連の事件や死亡例
・カエンタケってどんな見た目
・カエンタケってどこに生えてる?

についてまとめていますのでぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

カエンタケはなぜ危険?症状や死亡する致死量や死亡例


引用元:unsplash.com

カエンタケが危険と言われる理由は、単純に猛毒キノコだからです。

他のもう毒キノコと比べても危険度が高いのです。

その理由を症状を致死量も含めて解説していきます。

カエンタケの危険ポイント(症状)

・触っただけでも皮膚がただれる
・食べた後すぐに嘔吐や発熱が起こる
・消化器不全や脳機能障害で死亡することもある

というのがカエンタケが危険と言われる理由です。

触っただけで皮膚がただれるなんて、怖すぎますね。

カエンタケの致死量

先ほど
消化器不全や脳機能障害で死亡することもあると
お伝えしましたが、
具体的な致死量は3gらしいです。

普通にキノコだと思って食べていたら
3gって結構少ない量です。

その量で死に至るとは
どれほど毒が強いかがわかりますよね。

スポンサーリンク

カエンタケ関連の事件や死亡例

食べることは少ないかもしれませんが
触るだけでも危険なので気をつけましょう。

スポンサーリンク

カエンタケってどんな見た目

すでにインターネットで画像をみられた方も
おられるかもしれませんが
カエンタケの画像がこちら。


引用元:wikipedia.org

赤やオレンジの棒状の見た目をしています。

燃える炎のような見た目をしていることから
カエンタケ(火炎茸)と呼ばれるそうです。

まあ、大丈夫な見た目ではないですよね(笑)

なかなかこれを食べようとはならないですが
食べてしまう人もおられるようなので
美味しそうに見える人もいるのかな。。

スポンサーリンク

カエンタケってどこに生えてる?


引用元:unsplash.com

気になるのがカエンタケってどこに生えてるの?
ってことなんですが。

キノコなので山に生えていると思っていましたが
最近は千葉県など各地の公園や住宅街でも
確認されている
ようです。

具体的な場所が知りたくて調べましたが
詳しくは報道されていませんでした。

1番はそこが知りたかったんですけどね。。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

今回は、猛毒キノコのカエンタケについて
まとめてみました。

カエンタケの見た目は赤やオレンジの棒状で
致死量は3g、
触るだけでも皮膚がただれるほどの強い毒があり、
実際に食べたことでの死亡例もある

ということがわかりました。

山だけでなく普通に暮らしている公園にも
生えていることが確認されています。

特に小さいお子さんが公園で遊ぶ際は
気をつけたいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
未分類
umebosiをフォローする
お役立ちニュース速報

コメント

タイトルとURLをコピーしました