スポンサーリンク

インサイドで面を取らせない!自分より大きいセンターを守りきるための2つのポイント!

basketball
スポンサーリンク

こんにちは!umebosiです!
今回は初のDEF編です。
自分より大きいセンターに対して
どのようにすれば守り切ることが出来るのか。
2つのポイントに分けて解説していきたいと思います!!

私は166センチひょろひょろでポジションは3番のフォーワードです。
なので4番の相手とマッチアップすることも多かったのですが
相手は自分の方が優位に立てるのでミスマッチを利用して
インサイドにポジションを取りに来ますよね。
たぶんひょろひょろだったので
楽勝!と思われていたと思います。(笑)
中学生の頃は4番ポジションの人の
DEFをすることは基本的になかったので
高校生になってから本当に苦労しました。。。
シンプルにどう守っていいかわかりませんでしたし
どうやってもインサイドでポジションをとられてしまって
めちゃくちゃ点を取られてめちゃくちゃ怒られた試合もありました(笑)

 

とにかくポジションをとらせないこと

最初はインサイドでボールを持たれたらこう、
こっちのパターンの時はこう、と
あれこれ細かくパターン分けしながら練習していました。
ですがあることに気づきました。。。

もうインサイドで面を取られたら負けなんですよね。
自分より身長が高い相手にインサイドで面を取られたら
基本的にシュートまでいかれてしまうと思いますし
少なくともそこから押し込まれてしまうと
完全に負けてしまいます。
なのでどうすべきか!!
ペイントエリアに踏み込ませない!ことが必須です。
これが1試合通してどれくらいの確率で出来るかによって
失点の多さやさらには試合の勝敗にも関わってきます。
ただ、ペイントエリアに踏み込ませないといっても
100%防ぐのはなかなか難しいですよね。
なので、

相手がポジションを取ってきたら、相手の前面に出る
(マークマンにピタリと背中をつけ、ボールとマークマンの間に入る)

ことを徹底しましょう!!
相手のすきにさせないために、相手にインサイドで普通に
ボールを持たれてしまうことは絶対に阻止しましょう。
先ほども説明しましたが、簡単にいつも通りにボールを
持たれてしまうと確実に負けてしまいます。
しっかりと前に出て背中をあててハンズアップをし
中にパスを入れさせないように守りやすいポジション取りをします。
ただ、どの角度も完全に守りきることは難しいので
自分が前に出ることで裏が弱くなりますがそこは捨てましょう。
捨てるといっても一人では守れないので他の人に助けてもらいます。
あなたは自分のマークマンの前に出て
簡単にボールを持たせない代わりに
リングに近くなる裏側はリング下まで下がってきている
DEFにカバーしてもらいます。
このようにどこか1つは徹底して一人で守り
他はカバーしながら守っていく事が大切です。

 

ボックスアウトはボールを見ない

相手の誰かがシュートを打った時
普通ならボールをしっかり見て背中で相手を押しながら
ボックスアウトをします。
ですがマークマンが自分より大きく
力でも負けてしまいそうな相手の場合は
ボールのことを一切見ずにマークマンを正面から
抑えに行くことが大切です。
一瞬とはいえ、ボールの軌道やリバウンドポジションのことを考えながら
通常通りリバウンドに入ろうとすると
タイミングが合わなくなってしまいます。
身長が低い相手なら問題なかったタイミングだとしても
少し遅れるだけで押し込まれてしまうので
絶対にボールは見ないようにします!!
真正面から抑えることでリングに背を向けているので
自分もリバウンドが取れませんが、相手も取れなければそれでOKです!

 

 

出典元:https://unsplash.com/

 

まとめ

自分より背が高い相手を守り切る方法
・とにかくポジションを取らせないこと
ボックスアウトはボールを見ない

という2つのポイントを解説しました。
相手が得意なこと、やりたいことをさせないために
この2つをしっかり徹底する必要があります。
自分の前にポジションは絶対に取らせないこと、
自分が取れない代わりに相手にも取らせないこと。
1試合通してこれをやるのはかなりきついです(笑)
どのポジションでもハードにDEFするのはとてもしんどいですが
インサイドを守るということは激しいコンタクトが
1試合ずっと続くことになります。
ただ、体をぶつけるタイミングをつかめると
少し楽になってきますので
ポイントを見極めながらやってみてください。

さらにしんどくならないためのヒントを1つお伝えしとくと
相手と接触するときは上体をしっかり起こすことです。
上体が曲がるとそれをキープし続けようとして
無駄な体力を消耗してしまうので上体を起こし
正しい姿勢でDEFすることを意識してみましょう!!!
ミスマッチになってもDEFが出来ることが証明できれば
オールラウンダーとして活躍できるチャンスも増えますし
コンタクトが苦手な方も一度実践してみてください!!
思ったよりも楽に守ることが出来ると思いますよ(^^♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
basketball
umebosiをフォローする
お役立ちニュース速報

コメント

タイトルとURLをコピーしました