スポンサーリンク

身長が低くても大丈夫!面白いように引っかかるポンプフェイクの極意2選!

basketball
スポンサーリンク

こんにちは!umebosiです!

前回は
【弱小校出身のumebosiが全国大会常連校のAチームに入るために頑張った1つのこと】
という内容でチームの中でも全くの圏外だったumebosiが
どのようにしてAチームに這い上がったのかということをお話しました。
まだ読まれていない方は是非こちらも読んでみてくださいね!

 

ポンプフェイクとは

主にゴールしたで行われるシュートフェイクのこと。
ゴール下で使うことが多いので4,5番ポジションの選手がよく使うであろう
フェイクだと思います。
シュートフェイクを入れて相手をジャンプさせ時間差を作り
相手が飛んだ後にシュートに行きます。
慣れてくれば相手のファウルを誘発し、バスケットカウントも
獲得できるようになってきます。

 

umebosiがポンプフェイクをオススメする理由

具体的な技術の話を始めてするタイミングで
なぜポンプフェイクというピンポイントなものを選んだかと言いますと
。。。
私が得意だからです!!!(笑)
めちゃくちゃ単純な理由ですが得意になったのには
きちんと理由があるんです。
というのも、もともと特に意識して
ポンプフェイクを使うことがなかったので
分かっているけど使ったことがないというレベルでした。
ですが使わないといけないと感じるきっかけがあり、意識し始めます。。。

 

ポンプフェイクを極めようと思ったきっかけ

私がポンプフェイクを意識したきっかけは
Aチームに昇格した後、信じられないくらい
シュートまでいけなかったからなんです(笑)
私は身長が166センチでフォワードだったのですが
マッチアップする先輩は170センチは余裕で越えていましたし
マークマンをドライブで抜いてゴール下まで行っても
196センチの外国人センターもいて
ことごとくブロックされまくりました。。。
リバウンドをとっても、マッチアップする先輩をかわして
シュート打つことも難しく本当に何もできませんでした。(笑)
166センチですが4,5番の選手にマッチアップすることもありましたし
これから自分が対等に戦うにはどうすべきか考え
そこで閃いたのがポンプフェイクを極めることでした!
ポジション関係なく、自分の身長以上の人にマッチアップしないといけない人
結構いるんじゃないでしょうか?

 

 

身長が低くても大丈夫!ポンプフェイクの極意2選!

 

  1. ボールは上下させず、目線や頭の動きのみでフェイクをする
  2. 相手の癖を意識してフェイクをかける回数を変える
    ※umebosi調べ

たったこれだけです。これだけで大丈夫です。(笑)
では1つずつ解説していきますね。

 

  1. ボールは上下させず、目線や頭の動きのみでフェイクをする
    私が初めてポンプフェイクに関する解説を見たのは確か雑誌だったと思うんですが
    その雑誌には「ボールを上下させてシュートに行くように見せる」と
    書かれていたので何回かそれでやってみました。
    ですがボールを上下させると、次の動作に移るのが遅くなってしまうので
    どうしたらよいか考えて、目線だけでフェイクをかけるのが
    1番効率が良いと感じました。
    もちろん、シチュエーションによることもあると思いますが
    目線や頭の動きだけで充分相手を飛ばすことは可能です。
    ただし、相手を飛ばすまでしなくても
    相手の上体や膝を伸ばすことが出来れば成功です!!

 

2.相手の癖を意識してフェイクをかける回数を変える
大体の人は1回目のフェイクに反応してくれて飛んでくれます。(笑)
頭を使っていないDEFであればそのまま何回も同じ手に
引っかかってくれると思いますが
まあ基本的にはそんなおいしい話はないと思います(笑)
相手も学習してポンプフェイクに対して飛ばないように
対策をしてくると思います。
そうなったときに2回目のフェイクをかけてみましょう。
連続でかけてくると思っている人は少ないと思うので
引っかかってくれる確率は高いです。
※あとセンター相手にフェイクをかける場合は、相手はフェイクに
慣れているので1回目はほとんどの確率で飛ばないので2回目で勝負しましょう!

 

 

応用編 ポンプフェイクを他の技術と併用しよう!

リバウンド→ポンプフェイク→シュートの
基本的な動きをマスター出来たら次は応用です!
応用と言ってもとても簡単なんですが
相手の上体や膝が伸びたときはシュートだけでなく
ドライブやステップインもしてみましょう。
そうするとDEFからしたら
フェイクなのか、シュートなのか、ドライブ、ステップインなのか
選択肢が増えるので非常に守りにくくなるので
対応が後手後手になり、OFが有利になります!
そうなるとより一層効果的にフェイクが使えるようになりますよね!

 

出典元:https://unsplash.com/

 

まとめ

ポンプフェイクは上体や膝を伸ばさせたら成功!!!
これは是非覚えておいてください!
私自身、ポンプフェイクを実践するようになってから
面白いようにシュートまでいけるようになりましたね!
あとはシュートは決められなくてもファウルを誘発し、
相手の個人ファウルを稼ぐことも考えて出来るようになりました。
このように点は取れなくても相手の個人ファウルをかさませることで
相手はベンチに戻らないといけなかったり
最悪の場合は退場まで追い込むことが出来ますよね。
流れが悪い展開ならポンプフェイクでファウルだけもらうことでも
嫌な流れを断ち切ることが出来ると思うので効果的に狙って使っていきましょう(^^♪

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
basketball
umebosiをフォローする
お役立ちニュース速報

コメント

タイトルとURLをコピーしました