スポンサーリンク

umebosi厳選BEST5!ガード編!

basketball
スポンサーリンク

こんにちは!umebosiです!

今回は
umebosi厳選BEST5!ガード編!と題して
umebosiが独断と偏見で厳選して
注目してもらいたいガードを紹介していきたいと思います!

 

ガードの役割

いわゆるチームの司令塔です。
ガードがしっかりしているかどうかで
チームのレベルが決まるといっても過言ではありません。
ゲームを通して試合の流れをコントロールし、
味方を活かしながらゲームを組みたてます。
コート内の監督と言われるように頭脳を使って
チームをまとめることが仕事です。

 

レベルの高いガードの特徴

・視野が広い
・得点力がある
・流れを理解し、ゲームをコントロールする
味方を活かすのが仕事とはいえ
近年はそれだけではなかなか勝つことは難しいでしょう。
味方を活かすパスのうまさだけなく、
自分でどんどん得点を取れる力もとても必要です。
試合の流れは常にコロコロ変わります。
その流れに応じて必要な戦術を選択していく
バスケットIQが必要になります。

 

umebosi厳選 ガードBEST5

納見悠仁


出典元:bleague.jp

所属チーム:新潟アルビレックスBB
ポジション:ポイントガード、シューティングガード
身長:181㎝ 体重83㎏
注目のプレー:ピックアンドロール

高校バスケ会の名門、明成高校出身。
NBAプレーヤーの八村塁選手の同級生で高校時代に何度も日本一に輝いています。
なんとウインターカップ3連覇。
得点力はもちろんですが、DEFを引き付けてからのパスが絶妙で
ピックアンドロールを使ったプレーが抜群に上手いです。
得点能力が高いのでDEFが守りにくいのもあるのですが
スペースの使い方が上手いのでボールを持つと
ほぼ確実といってよいほど得点に結びつけることが出来ます。
umebosiが1番推している若手ガードです!

 

 

富樫勇樹

所属チーム:千葉ジェッツふなばし
ポジション:ポイントガード
身長:167㎝ 体重65㎏
注目のプレー:緩急を使ったストップ→ジャンプシュート

日本を代表するポイントガードですね。
スピードとクイックネスを活かしたプレーで
右に出るものはいないと思います。
富樫選手のトップスピードには誰も
ついていけないのではないでしょうか(笑)
スピードが早いのでドライブに目がいきがちですが
そのスピードを活かしたストップ→ジャンプシュートは
ディフェンスが全くついていけません。
体幹がすごすぎてストップしてジャンプした時には完全にノーマークなんですね。
ぜひ皆さんも意識してプレーを意識してみてください。

並里成


出典元:bleague.jp

所属チーム:琉球ゴールデンキングス
ポジション:ポイントガード
身長:172㎝ 体重72㎏
注目のプレー:多彩なフェイク

まさにファンタジスタという言葉がぴったり当てはまる選手。
高校時代のウインターカップで直接試合を見ることがありましたが
並里選手一人だけ異次元で
毎試合最初から最後まで会場がどよめいていたのを覚えていますね(笑)
スラムダンク奨学生1期生として高校卒業後はアメリカへ。
身体能力が注目されがちですがumebosiが注目するポイントとして
他の選手に比べてハンドリングがずば抜けて良いです。
身体能力、ハンドリングが合わさってとても高い得点能力に
繋がっているのではないかと思います。
態勢、タイミング、利き手、DEFの位置や人数を問わず
常に得点し続けることが出来るのは
並里選手の一番の強みだと言えます。

田臥勇太


出典元:utsunomiyabrex.com

所属チーム:宇都宮ブレックス
ポジション:ポイントガード
身長:173㎝ 体重73㎏
注目のプレー:圧倒的な視野の広さ
みなさん絶対に知っていると思いますが。。。
バスケット界のレジェンド、日本人初のNBAプレーヤーですね。
高校時代にはインターハイ、国体、ウインターカップを
3年間で9冠と全て優勝しています。
これはとんでもない記録です(笑)
得点能力もそうですが視野の広さ、IQの高さで
パスで味方を動かすことが出来る選手です。
普通はノーマークのところにパスを出しますが
ゲームをコントロールし、スペースを作ってそこにパスを出します。
能代工高時代の映像を見てみると特にわかりますが
田臥選手からパスを受けた選手は
基本的にノーマークという不思議な状態です。
年齢を重ねてもこの技術は衰え知らずです。

テーブス海


出典元:bleague.jp

所属チーム:宇都宮ブレックス
ポジション:ポイントガード
身長:188㎝ 体重83㎏
注目のプレー:多彩なパス
東洋大学京北高校2年生の時に渡米。
身体の強さ、得点力、パスセンス、ディフェンス力など
どこをとっても申し分ないプレーヤー。
ですがその中でもパスセンスに注目してもらいたいと思います!
引き付けて近くの味方にパスを出すことはどの選手もある程度出来ますが
テーブス選手はとんでもない角度や距離の場所にキックアウトで
パスを出すことが出来てしまいます(笑)
ディフェンスのローテーションの穴を狙ってさばくパスは
見ていてめちゃくちゃ気持ちが良いです!
近い将来、日本代表のガードとして
見られる日も近いのではないでしょうか。

まとめ

今回もumebosiの独断と偏見でランキングを
つけさせて頂きましたがいかがでしたでしょうか?
B.LEAGUEを少しでも見たことがある方は
もちろんご存じかもしれませんが
今回知らなかった選手がいた方は
是非YouTube等でも動画を見てみてくださいね!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
basketball
umebosiをフォローする
お役立ちニュース速報

コメント

タイトルとURLをコピーしました