スポンサーリンク

チームメイトとコミュニケーションはとれていますか? ミーティングを行う大切さについて

basketball
スポンサーリンク

こんにちは!umebosiです!

今回はチームメイトとのコミュニケーションの取り方について
お話していきたいと思います!

みなさんはチームメイトとコミュニケーションは
上手くとれていますか?
これを見てもらっている方の中には
チームメイトとても仲良しだったり、少しギクシャクしていたり
いろんな感情を抱いている方多いんじゃないでしょうか?
特に中学生、高校生の時期は大変なこと多いですよねー。。。
部活をやっていてもいなくても大変なことが本当に多いです。
私は中学生の頃は本当に苦労しました。(笑)
今日は私の実体験をもとにお話ししたいと思います。

 

苦労した中学時代

単刀直入に言うと中学時代は一人だけ浮いていました。(笑)
当然嫌な思いをしたこともたくさんあります。

思い当たる理由は
①一番遅くバスケットを始めたのにキャプテンに指名された
(自分でいうのもなんですが一番上手くなりました)
②先輩や後輩に好かれた
③顧問が会議で居ないのにいつも通りのしんどいメニューで練習した このあたりです(笑)

①と②は完全に妬みですよね(笑)
最初のほうの記事で書いていますが
中学生時代は本当に勝てた記憶がありません。
弱小チームでしたし、試合をやるのが嫌なくらいでした(笑)

でも私は本当に上手くなりたくて試合に勝ちたくて
毎日毎日時間があればボールを触っていましたし
友達と遊ぶよりも一人で練習ばかりしていました。
試合に負けたら学校に戻って体育館を開けてもらって
走り込みやその日の試合でダメだったところを
繰り返し練習して修正して。
なので妬まれても嫌われても自分が上手くなりたいと思う気持ちが強くて
そんなに気にしていませんでしたが
嫌な雰囲気なのはとてもしんどかったです。(笑)

 

悩んでいるみなさんに勇気をだしてやってほしい事

今チームメイトとのコミュニケーションで上手くいっていない方は
どんな悩みがありますか?
性格が合わない、同じ目標をもって進めない、プレーが合わない、
もしくは理由がわからないけど嫌な雰囲気になっている。。。
バスケットの内容に関わらず、人間関係の悩みなど様々あると思います。

内容はどうであれ、私の経験からいうと大切なことは
【しっかりと話し合うこと】です。
これはわかっていても難しいんですけどね。
特に思春期は。
私はチームメイトと話し合うことをせずに過ごし
目標がなんなのかを確認することをしませんでした。
今思えば、上手くなりたかったのは私だけかもしれませんし、
チームメイトも上手くなりたかったけど私の言動で嫌な思いを
していたかもしれません。
私も分かろうとしなかったし、分かりたくなかったのかもしれないです。
でももっと勇気を出して話し合えば少しは違ったのかなと
思うこともありますね。。。
お互い人間なのでいろんな価値観があっていろんな感情があって当たり前です。
よっぽどのことがない限りどちらが正しくて
どちらが間違っているなんてことはありません。
バスケットに限った話だけじゃないですけどね(笑)
バスケットと私生活って実はつながっていて
バスケットで上手くコミュニケーションがとれていなければ
私生活でも仲良くできませんし、その逆もあります。

プレーのことならば、
今のプレーはこうしたらどう?
今のパスもう少し右のほうが良いな!
など小さいことから積極的に話していきましょう。
もしお願いをしにくかったら、
今のパスもう少し右だとシュートまでいきやすいんだけど難しい?
と言い方を変えるだけで伝わり方は変わりますよね。

 

話し合うときのポイント

今悩んでいる内容によっては
勇気を出して話し合いをすることが難しいかもしれません。
でもバスケットに関することであれば少しの勇気を出して
話してみましょう!
それでぶつかっても、絶対に分かり合えますし
意見交換をすることはとても大切です。
その時のポイントは。。。
相手の話を最後まで聞きましょう。
熱くなってしまってもきちんと最後まで話を聞くことで
冷静に物事を判断できるようになります。
相手の意見をしっかりかみ砕いて理解する、
そこから自分の意見を伝える。
最後まで話を聞かずに自分の意見を言うと
ヒートアップしやすいですからね(笑)
私の場合は話し合いをしないまま過ごし
結局あまり良い思い出はありません。
でもせっかくチームメイトと出会って、好きなものに打ち込む環境があるのに
楽しくなかったり一つの目標に打ち込めないのは
とてももったいないですよね。
特に私が経験した時期と同じ中学生高校生の方には
同じような思いをして欲しくないなーと思います!!

 

出典元:https://unsplash.com/

 

後悔した私からみなさんに伝えたいこと

中学生時代の部活については後悔しています。
話し合いを持ちかけて分かり合おうとすればよかった、
そうすればもっと楽しかったかもしれませんし
もし仮に分かり合えない内容だったとしても
それはそれで仕方のないことだと割り切ることもできると思います。
ですが内容によっては第三者が介入する必要があることもあります。
私は誰にも相談しなかったですし、何事もなかったように生活をしていました。
これは良い例ではありませんよ(笑)
たくさんケンカをしてそのたびに仲直りをして
一つの目標に向かって進んでいく。これが理想です。
どうしても一人でアクションを起こすことが難しいことも
もちろんあると思います。
その時は周りの力を借りることも大切です。
人間関係に悩んでいる方がいれば
是非少しの勇気をだしてより良い時間を作っていきましょう(^^♪

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
basketball
umebosiをフォローする
お役立ちニュース速報

コメント

タイトルとURLをコピーしました