スポンサーリンク

ボールマンを守るための3つのポイント!ディレクションで誘導しよう

basketball
スポンサーリンク

こんにちは!umebosiです!
今回はボールマンをDEFするとき(1番のDEF)の
3つのポイントを解説していきたいと思います!

みなさんはボールマンに対するDEFはどのように
行っていますか?
OFに振り回されたり、簡単に抜かれたりしていませんか?
この記事を読んでもらえば最後には
かなりレベルアップしたDEFが出来るようになる知識が
身につくはずです!!!
では一緒に見ていきましょう!

 

ボールが体の中心にくるようなポジショニングをとる

よく言われるのですがボールが自分の体の中心にくるように
ポジショニングします。
インラインに入るということですね。
ボールとリングを結んだ線上にポジショニングしましょう。
相手の動きやドリブルに合わせてきちんと自分も動き
常に体の中心にボールがあることを意識してください。

 

 

状況判断をしてディレクションをする

ドリブルをせず保持しているだけの状態でも
ドリブルをしている状態でも
ドリブルさせたい方向に行かせるように
方向づけ、いわゆるディレクションをします。
これが非常に有効になってきます。
ディレクションというのは、DEFの方から
「こっちに行ってくださいね~」と誘導することなので
先手を打ってDEFをすることが出来ます。

例えば、自分のマークマンが右利きで右のドリブルはとても早いけど
左ドリブルが下手な選手だったとします。
極端な例ですがこういった選手も少なくないと思います(笑)
そうすると左でドリブルしてもらった方が良いので
左でドリブルしてもらえるように(自分の右側に行かせるように)
ディレクションします。
これをするだけで相手もストレスが溜まりますし
こちら側も体力的にかなり負担が減ります。

 

相手が嫌がる距離感を保つ

ポジショニング、ディレクション、もう一つは距離感です。
離しすぎていても相手はプレッシャーを感じませんし
近すぎても体や手が接触してしまい
ファウルになってしまうこともあります。
なので絶妙な距離感を保つことが大切です。
理想は自分の腕をリラックスして伸ばした距離です。
ポイントはリラックスした状態というところで
がちがちに伸びて力が入っている状態だと
相手にちょっかいをかけることもできませんし
先ほど書いたようにファウルを取られてしまうかもしれないので
そこを意識しましょう!

そして距離間というのは
相手がドリブルをしている状態も重要です。
あなたのDEFがしつこくて相手が背を向けたとします。
これがビッグチャンスです!!!!!
相手が背を向けたり、ドリブルで後ろに下がった時は
一気に相手との間合いを詰めます。
ピッタリとくっつき(もちろんシリンダーをおかしてはいけません)
一気にプレッシャーをかけましょう。

 

ここでメリハリのあるDEFをして距離を詰めると
相手が動揺しミスをしやすくなります。
ここ最近の有名な選手でいうと河村勇樹選手が
DEFの間合いの詰め方と守り方が抜群に上手いです。
相手がひるんだ瞬間を絶対に見逃しませんし
一気にプレッシャーをかけファンブルさせスティールからの速攻、
1試合を通してこの場面を何回も見ましたね。
アーリーエントリーで史上初高校生でBリーグに出場した時も
プロの選手相手に何本もスティールしていましたのは圧巻でした(笑)
ぜひまだ見たことない方はYouTubeでも動画があると思いますので
見てみてください!
とても勉強になること間違いないです!

 

出典元:https://unsplash.com/

 

まとめ

今回は
ボールマンを守るための3つのポイント!ディレクションで誘導しよう
と題して、ボールマンをしっかり守るためのポイントを解説しました。

  1. ボールが体の中心にくるようなポジショニングをとる
  2. 状況判断をしてディレクションをする
  3. 相手が嫌がる距離感を保つ

それぞれのポイントを解説しましたが
読み終えてみてどうですか?
ボールの正面に入り、行かせたい方向にディレクションする、
そして相手にちょっかいをかけることが出来る距離感を保ち、
相手がひるんだら間合いを詰める。
ポイントさえつかめば今までより格段に
守りやすくなると思います。
もちろんいきなり守れるようになることはないので
このポイントを頭に入れて練習から取り組んでみてください。
少し意識するだけで格段に良いDEFになること間違いなしですよ!

先ほどDEFが上手い選手として
男子の河村勇樹選手(現東海大学)を紹介しましたが
女子は吉田亜沙美選手が上手いのではないかなと思います。
(もちろん他にも上手い選手はいると思いますがumebosiの独断と偏見です)
吉田選手はベテランですね。
ガードとしてパスがとても上手いのでOFが注目されがちですが
実はDEFも本当にすごいんです。
とにかく相手にプレッシャーをかけるのが上手く
パスミスを誘発させる部分が他の選手よりレベルが高いのではないかと
考える1つの要因です。
どうしてもOFの方が好きでDEFが嫌いな人が多いと思いますが
DEFも奥が深くて面白いので、
是非相手を誘導してコントロールする面白さを
経験してみてください(^^♪

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
basketball
umebosiをフォローする
お役立ちニュース速報

コメント

タイトルとURLをコピーしました